厚生労働省が牛由来のものを禁止した為、豚や馬由来、植物性プラセンタエキス様物質などが使用されています。
 
豚や馬由来のものは、胎盤を新鮮な状態で凍結した後に無菌的に抽出して精製したエキスです。
アミノ酸、成長因子、ビタミン、ミネラル類などを含み、期待できる肌作用としては、角質水分量増加、抗炎症、繊維芽細胞増殖促進があります。
また、代謝を高めることにより、メラニンの排泄を促進する働きによる美白は、医薬部外品の有効成分としても使われています。
 
植物類、魚類には胎盤が存在しないので、正確にはプラセンタとは言えず、植物性プラセンタエキス様物質、海洋性プラセンタエキス様物質となります。
さらに哺乳類由来と違い、成長因子は含まれていません。
 
生薬としても歴史はかなり古く、昔の人もエイジングケアに入れていたといわれます。
現在も漢方として活用され、紫河車(しかしゃ)と呼ばれます。
 
参考文献:化粧品成分ガイド第7版