CBDとは|カンナビノイド審査委員会
不正・違法の通報はこちら

CBDとは

大麻に含まれる成分「CBD」とは?

CBDとTHCについて

CBD

カンナビジオール

アサに含まれる物質「カンナビノイド」の一つ。さまざまな細胞機能のバランス調節に寄与。精神活性作用、習慣性や依存性もない。

THC

テトラヒドロカンナビノール

アサに含まれる物質「カンナビノイド」の一つ。マリファナの主原料になる。精神活性作用があり、いわゆる「ハイになる」状態を生じさせる。

大麻は植物であり、カンナビノイドといわれる成分だけでも100種類以上あり、それ以外の成分を合わせれば1,000を超える数多くの物質を含んでいます。その一つの成分がテトラヒドロカンナビノール(THC)です。マリファナには、このTHCが多く含まれており、これが人をハイにする作用を及ぼします。 カンナビジオール(CBD)は炎症を鎮めたり、不安を和らげたりする作用があります。海外では、医薬品をはじめ食品や日用品など幅広い分野で、大麻由来成分を含んだ製品の販売が拡大しています。

CBDの効果効能

「CBDは習慣性や依存性がなく、通常の使用なら副作用もなく、ましてや中毒になりません。効果と副作用が常に共存する医療用医薬品とは異なります」 近年の研究によれば、CBD はさまざまな細胞機能のバランス調節に寄与すると考えられています。 こうした性質から、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病等)などの自己免疫疾患やアレルギー性疾患など免疫の過剰反応またはがんや感染症などの原因となる免疫低下といったバランスが不安定になった症状に作用することが期待されています。 また、自律神経の調整にも役立ちます。医療用大麻にはTHC が含まれます。それに対して、THC を含まないCBD 製品は、 サプリメントのようなものだと考えればよいです。

CBDの美容としての効果効能

抗酸化作用/抗炎症、ニキビ、皮膚炎、アレルギー、アトピー、乾癬、裂傷・やけど等

CBDの安全性について

世界保健機関(WHO)が確認を行い、安全性(依存性・乱用性が無いことなど)を明示しています。 また、2018年1月1日には、世界ドーピング協会で 、CBDをドーピング薬物規制対象から外すことが決定されました。これにより全世界各大会に出場を目指すスポーツ選手も精神リラックスや痛みの緩和に CBDを使用する事が可能となり、世界でも急速にアスリートの利用も増えています。

CBD に関する主な歴史

国など 出来事
1948年 日本 大麻取締法を施行
1960年代 イスラエル THC、CBD の発見
1970年 米国 規制物質法を導入
1990年代 イスラエル その他 カンナビノイドの受容体の発見 内因性カンナビノイドの発見
1996年11月 米国 カリフォルニア州で医療大麻が合法化
2012年11月 米国 コロラド州、ワシントン州で嗜好用大麻の所持・使用の合法化
2013年8月 米国 重度てんかん患者のCBD 摂取事例をCNN が放送
2017年11月 国連 WHO がCBD の安全性を認める
2018年10月 カナダ 医療用大麻・嗜好用大麻が合法化
2018年11月 韓国 医療用大麻が東アジア初の合法化
2018年12月 タイ 米国 医療用大麻が東南アジア初の合法化 産業用大麻が改正農業法(連邦法)で合法化
2019年3月 日本 厚生労働省がCBD を含む難治性てんかん治療薬である「Epidiolex」(エピディオレックス)について、一定の条件のものと、「治験の対象とされる薬物として国内の患者さんに用いるということは可能である」との見解を表明
2019年7月 米国 ニューヨーク市がCBD 入り食品の販売を禁止
2019年11月 米国 大麻由来成分CBDの規制を補足整備

左右にスクロールできます

CBD のよくあるご質問

日本人にとって大麻は「違法薬物」のイメージが強いため、CBDに対しても誤解しがちです。
Q1 健康に与える影響は?
マリファナの主原料のTHCには精神活性作用があり、いわゆる「ハイになる」状態を生じさせます。しかし、カンナビノイドの一つであるCBDの方には、THCのような精神活性作用はないことが分かってきました。
Q2 CBDとは「医療用大麻」のこと?
大麻由来といえども、CBDと医療用大麻は全く別物です。 医療用大麻は、「医療用」と冠していますが、THCを多く含んでいます。つまり、用途が違うだけで、嗜好用大麻(マリファナなど)と中身は同じです。 CBDは大麻の中でも、CBDを多く含み、THCが少なくなるように「品種改良」したものがあり、それを用いてCBDのみを抽出したものです。
Q3 現在、日本で売られているCBD製品は違法商品が多い!?
大麻取締法では、規制対象になっていない大麻の部位があります。 つまり、その部分から取れた製品は販売できます。 具体的には、「大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに、 大麻草の種子及びその製品」 は、大麻取締法の適用外であると同法に明記されています。従って大麻の成熟した茎と種は法の適用外で、規制の対象になっていないのです。
現在の法律では使用不可の部位

THCは「麻薬及び向精神薬取締法」で規制されています。CBD製品の輸入時には、 THCやCBDの濃度などが書かれた成分分析書を関東信越厚生局麻薬取締部に提示することが必須です。そのため、THCが含まれているものは輸入できません。

  • ※厚生労働省が行う「大麻」に該当するか否かについての回答は、あくまで提出された資料に基づいて行うものです。実際に輸入しようとするものが「大麻」に該当しないことを判断するものではありません。なお、厚生労働省に対し提出した資料については、実際に輸入を行う際、再度、税関又は厚生労働省に対し提出する必要が生じる場合があります。
  • ※したがって、提出された資料に基づいて厚生労働省が「大麻に該当しない」と回答した場合であっても、輸入の際の税関若しくは厚生労働省の検査又は国内における検査で THC が検出された場合等には、「大麻に該当する」ものを輸入したものとして大麻取締法に基づき処罰を受ける可能性があります。
  • ※「大麻」については輸出についても禁止されていることから、上記の検査で THC が検出された場合等には、相手国に返送することはできません。 一部引用元:厚生労働省 地方厚生局 麻薬取締部ホームページ「CBD(※)オイル等の CBD 製品の輸入を検討されている方へ」
現在のCBD製品の輸入の流れ
  • ※近年、世界のスキンケア市場では、抗炎症、鎮痛、水分補給、保湿、しわを減らすなどの製品やニキビ、湿疹、乾癬などの治療薬などのCBD製品が主流になると予測されるのでその反面、消費者は注意が必要です。
page top