審査のお申し込み | カンナビノイド審査委員会
不正・違法の通報はこちら

審査のお申し込み

無料で審査を行い、合法で安全なCBD製品には審査済証を付与します
カンナビノイド審査委員会が調査・精密な分析を行い、審査基準をクリアした製品には「合法・安全」の目印として審査済証を付与しています。違法製品が市場で蔓延することにより、良質なCBD製品の普及の足かせとなります。粗悪品を撲滅し合法・安全な製品を普及させるためや、蔓延している粗悪品と同類だと判別されないためにも本委員会の審査をご活用ください。

※審査済証を商品などにご活用になられたい場合は、QRも発行しデータを無料でお渡しします。

他団体が発行している認証について

現在、国による認証や認定などはありません。単に分析を行ったことをもって「認証」と主張する団体もあるようですが、本委員会はそのような団体には一切関与しておりません。

その商品は、第3者のチェックも受けていますか?

現在、厚生労働省などの行政では認証等を行っていません。

  • 麻薬指定成分THCが含まれていた場合、麻薬及び向精神薬取締法違反により処罰される可能性があります。
  • 大麻草の禁止された部位から精製されたCBDが含まれていた場合、大麻取締法違反により処罰される可能性があります。

本委員会では、これらの事件を未然に防げるよう違法性が無いかを無料で審査しています。

現在、CBD関連商品検索機能は更新中です。ご不便をおかけしますが再開までしばらくお待ちください。
未登録製品なのでご注意ください。
行政へ届出されている製品であっても、
本委員会による調査は行われていないため
THCの有無・種と茎以外から抽出しているなどの
違法の可能性があります。 違法性を完全に排除することにより、
企業のモラルと製品の品質の向上に寄与します。
分析依頼について本協会は、調査の一環としてのみカンナビノイド類の分析を行っています。
  • 通報または審査お申し込みされた製品が対象となります。下記の「無料審査のお申し込みはこちら」よりお申し込みください。
  • 現地ISO認証を取得し、その中でも実績のある精度の高い複数の分析機関を利用しています。
  • 分析費用(1製品のCBD/THC濃度分析費用の目安は試料郵送費等含め約260ドル~約400ドルかかります)のみ申込者負担となりますが、分析依頼業務は費用含めて本委員会で負担させていただきます。
  • 公平中立な立場の第3者に分析を依頼した証として、分析結果の依頼者欄には本委員会名が記載された分析表をお渡します。

【分析機関】

審査項目

CBD含有量は表記と合っているか
THCが含まれていないか
CBD製品の大麻非該当性の確認(大麻取締法上の「大麻」に該当していないか)
※化学合成のCBD(カンナビジオール)や大麻草の成熟した茎や種子のみから抽出・製造されたCBDを含有する製品については、大麻取締法上の「大麻」に該当しません。
審査の基準について

①関東信越厚生局麻薬取締部へ提示した成分分析書など3種の書類(証明書・成分分析書・原材料および製造工程の写真)」が適正なものかどうか
②薬機法、大麻取締法、麻薬及び向精神薬取締法、景品表示法等の法令に違反していないか
③残留溶媒・残留農薬・重金属検査等の結果に加え、トレーサビリティや製造所の衛生面において、法令及び業界の定める基準を満たしているか
④溶媒を使用している場合、溶媒についても③と同様の基準を満たしているか
⑤収率データを分析し、収率に矛盾が無いか(収率:ある物質を得るための化学プロセスにおいて、理論上得ることが可能なその物質の最大量(理論収量)に対する実際に得られた物質の量(収量)の比率である。そのプロセスがすぐれているかどうかの指標の一つ)

以上の①~⑤の指標を用い、主として法令及び業界の定める基準を満たしているか、という基準で審査しています。
参照:違法性が無いかを確認する重要なチェックポイント

「特定違法物質審査」申込から審査済証付与までの流れ

【注意事項】
審査のお申し込みに、日本化粧品協会のお申し込みは不要です。審査のお申し込みは、お電話での受付はしておりません。下記の「無料審査フォーム」をご利用ください。
本委員会による上記の審査基準をクリアした製品には、各CBD原料(原油、二次加工原料)の場合は精製量1kg/1L毎、商品の場合は製造毎に審査済証を付与します。

審査お申し込み方法及び1次審査について
下記の無料審査フォームよりお申し込み後、ご入力のメールアドレスにメールが届きます。 そちらよりパスワードを設定後、マイページにログインしてください。 マイページより審査製品のお申し込みが可能になります。必要事項をご入力いただき下記①~④を添付し、送信してください。なお、審査する製品を試料として本委員会へご郵送ください。
  • ①関東信越厚生局麻薬取締部へ提示した成分分析書など3種の書類(証明書・成分分析表・原材料および製造工程の写真)
~以下は成熟した大麻草の茎から精製したCBDの場合です。化学合成の場合は別途お問合せください~
  • ②ご提出試料の各CBD原料(原油、二次加工原料)と同じバッチの、収穫後のCBD/THC濃度分析表
  • ③ご提出試料の各CBD原料(原油、二次加工原料)ついて、禁止部位と分離する方法の説明文(特許製法の申請内容があればそれも含め)と分離工程で使用する機種及び分離回数が分かる写真や動画
  • ④茎からのCBD収率
    ※茎が生の状態とドライの状態の両方の収率


試料(二次加工原料の場合は必要最低量:10g、原油の場合:10ml、商品の場合:1個)
〒108-0075
東京都港区港南4丁目1-10 ♯1401
カンナビノイド審査委員会 試料受付係 宛

試料到着後、順次1次審査に入ります。

2次審査について(現地施設への立入調査)

  • ※現地立入調査の目的は日本の大麻取締法等に抵触する可能性があるかについて調査するための現地調査(現地法人のヒアリングを含む)です。
  • ※茎の状態でストックしている(乾燥させている)時期または分離工程時に現地に伺い、トレーサビリティや環境設備等を確認します。
  • ※新型コロナウィルス感染拡大防止対策による渡航制限期間中については、トレーサビリティの確認をリモートで実施しています。
  • ※審査完了までの期間:約2ヶ月~6ヶ月

無料審査フォーム

本委員会にご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。
下記申し込みフォームよりお申し込み後、ご入力のメールアドレスにメールが届きます。  そちらよりパスワードを設定後、マイページにログインしてください。 マイページより審査製品のお申し込みが可能になります。

以下の項目をご記入ください。*は必須項目です

法人名*

業種*

代表者氏名*

 

代表者役職*

ご担当者様氏名*

 

郵便番号*(半角数字)

都道府県*

市区町村*

番地*

建物名・部屋番号

電話番号*(半角数字、ハイフン無し)

メールアドレス*(半角)

メールアドレス*(確認)

ホームページ*

 

※「あり」の場合、URLをご記入ください

備考

※一般の方の審査は受け付けておりません。
 事業者様に限らせていただいております

page top