事件調査結果一覧 | CBD製品の審査|カンナビノイド審査委員会
不正・違法の通報はこちら

CBD製品の事件調査結果一覧

  • ※事件については、着手から3年を経過する年度末まで一般公開しています。

事件① 大麻取締法違反、麻薬及び向精神薬取締法違反の可能性更新

調査内容 ・麻薬指定成分THCが含まれていた場合、麻薬及び向精神薬取締法違反により処罰される可能性があります。各分析表等全ての書類の開示を求める。

・大麻草の禁止された部位から精製されたCBDが含まれていた場合、大麻取締法違反により処罰される可能性があります。各CBD原料(原油、二次加工原料)ついて、禁止部位と分離する方法の説明文(特許製法の申請内容があればそれも含め)と分離工程で使用する機種及び分離回数が分かる動画や写真などの開示を求める。

・CBD含有量が商品の表記より少なすぎる場合、景品表示法違反に基づく行政処分の可能性があります。各製造工程の分析表の開示を求め、疑問があれば本委員会にて分析をする。
商品名 3% CBD オイルドロップ 300mg CBDフルヘンプスペクトロム含有
Pure CBD WAX 1g
企業名 PharmaHemp社
販売先 販売場所(店舗名、販売事業者名):
サイト(CBD ONLINE、株式会社CIGA)
楽天(CBD ONLINE 楽天市場店、株式会社CIGA)
など、備考欄参照
分析日 2020年3月25日,2020年4月15日
分析結果

3% CBD オイルドロップ 300mg:THC約0.065%検出
Pure CBD WAX 1g:THC約0.102%検出
(分析機関:BelCosta Labs)

状況

消費者からの通報有。CBD/THC濃度分析を行い公開。各分析表等全ての書類や写真などの開示を求め、不明瞭であれば原料製造所への立入調査を求める。

備考

ファーマヘンプ社が自身で作成したと思われる分析表では麻薬指定成分のTHC検出量は「ND」と表記されている。 分析結果等、詳しくはこちら

販売先一覧はこちら

事件② 景品表示法(優良誤認表示)違反に該当し行政処分の可能性

調査内容 ・麻薬指定成分THCが含まれていた場合、麻薬及び向精神薬取締法違反により処罰される可能性があります。各分析表等全ての書類の開示を求める。

・大麻草の禁止された部位から精製されたCBDが含まれていた場合、大麻取締法違反により処罰される可能性があります。各CBD原料(原油、二次加工原料)ついて、禁止部位と分離する方法の説明文(特許製法の申請内容があればそれも含め)と分離工程で使用する機種及び分離回数が分かる動画や写真などの開示を求める。

・CBD含有量が商品の表記より少なすぎる場合、景品表示法違反に基づく行政処分の可能性があります。各製造工程の分析表の開示を求め、疑問があれば本委員会にて分析をする。
商品名 tiare ala MEDICARE(ティアレアーラ メディケア)
CBDロールオン リフレッシュ 5.5mL
企業名 株式会社 アマラ
販売先 SINCERE GARDEN、SINCERE GARDEN WEB SHOP、株式会社 シエル運営 楽天内 Ciel Market、マツモトキヨシ オンラインストアー
分析日 2020年3月25日
分析結果

CBD含有量 0%※定量下限値未満 (分析機関:BelCosta Labs)

状況

消費者からの通報有。CBD/THC濃度分析を行い公開。各分析表等全ての書類や写真などの開示を求め、不明瞭であれば原料製造所への立入調査を求める。

 

本商品の販売を中止された店舗:コスメキッチン、ビープルバイコスメキッチン、ロフト。東京地方裁判所にて係争中。

備考

分析結果等、詳しくはこちら

事件③ 景品表示法(優良誤認表示)違反に該当し行政処分の可能性更新

調査内容 ・麻薬指定成分THCが含まれていた場合、麻薬及び向精神薬取締法違反により処罰される可能性があります。各分析表等全ての書類の開示を求める。

・大麻草の禁止された部位から精製されたCBDが含まれていた場合、大麻取締法違反により処罰される可能性があります。各CBD原料(原油、二次加工原料)ついて、禁止部位と分離する方法の説明文(特許製法の申請内容があればそれも含め)と分離工程で使用する機種及び分離回数が分かる動画や写真などの開示を求める。

・CBD含有量が商品の表記より少なすぎる場合、景品表示法違反に基づく行政処分の可能性があります。各製造工程の分析表の開示を求め、疑問があれば本委員会にて分析をする。
商品名 CBDMAX
企業名 MEGALOPOLIS株式会社
販売先 店舗名(販売事業者名):
CBD MAX 公式サイト(MEGALOPOLIS株式会社)
CBD MAX公式サイト(MEGALOPOLIS株式会社)
ヤフオク(多数)
メルカリ(多数)
Qoo10(CBDMAX)
分析日 2020年4月29日
分析結果

CBD約0.44776%検出(分析機関:BelCosta Labs)

状況

消費者からの通報有。CBD/THC濃度分析を行い公開。各分析表等全ての書類や写真などの開示を求め、不明瞭であれば原料製造所への立入調査を求める。

 

発売前に販売者独自で原料分析を行っていないとのこと。当方で検査を行う。本製品について消費者から多数の通報が寄せられており、行政機関とも連携し是正を進めています。随時、本委員会ホームページの情報をご確認ください。

備考

MEGALOPOLIS株式会社の公表しているCBD含有量は5%に対し、本委員会が分析した結果CBD含有量0.44776%だった。分析結果等、詳しくはこちら

事件④ 景品表示法(優良誤認表示)違反に該当し行政処分の可能性、不正競争防止法違反による処罰の可能性・麻薬及び向精神薬取締法と大麻取締法の双方いずれかの違反の可能性更新

調査内容
・「オレンジ由来CBD」と「シトラスCBD」の存在を確認する。

・麻薬指定成分THCが含まれていた場合、麻薬及び向精神薬取締法違反により処罰される可能性があります。各分析表等全ての書類の開示を求める。

・大麻草の禁止された部位から精製されたCBDが含まれていた場合、大麻取締法違反により処罰される可能性があります。各CBD原料(原油、二次加工原料)ついて、禁止部位と分離する方法の説明文(特許製法の申請内容があればそれも含め)と分離工程で使用する機種及び分離回数が分かる動画や写真などの開示を求める。

・CBD含有量が商品の表記より少なすぎる場合、景品表示法違反に基づく行政処分の可能性があります。各製造工程の分析表の開示を求め、疑問があれば本委員会にて分析をする。
商品名 オーガニックス シルキー シャンプー
企業名 株式会社 スーパーフードラボ
販売先 ワールド・スピリッツ株式会社運営 楽天内 格安コスメ&ビューティー Beyou, メルカリ、amazon、ウェルシア、ロフト、ドン・キホーテ、東急ハンズ
分析日 【1回目】2020年6月8日 【2回目】2020年10月15日
分析結果

【1回目】CBD含有量 0%(分析機関:BelCosta Labs)
【2回目】 CBD 0.00091%検出。 THCは(CBDより多く)0.00137%検出された。

状況

消費者からの通報有。CBD/THC濃度分析を行い公開。各分析表等全ての書類や写真などの開示を求め、不明瞭であれば原料製造所への立入調査を求める。

景品表示法に基づく措置命令を出すよう求める。
不正競争防止法に基づく処罰を求める。

化学合成CBDが変化した場合は麻薬及び向精神薬取締法違反、大麻由来の物質の場合は大麻取締法に基づく処罰を求める。

東京地方裁判所に、ホームページの削除などを求める仮処分が提起されてから裁判手続き終了までの経緯詳しくはこちら

備考

調査開始からの詳しい情報、分析結果等詳しくはこちら

事件⑤ 食品表示法違反の可能性、景品表示法(優良誤認表示)に該当し行政処分の可能性更新

調査内容 ・麻薬指定成分THCが含まれていた場合、麻薬及び向精神薬取締法違反により処罰される可能性があります。各分析表等全ての書類の開示を求める。

・大麻草の禁止された部位から精製されたCBDが含まれていた場合、大麻取締法違反により処罰される可能性があります。各CBD原料(原油、二次加工原料)ついて、禁止部位と分離する方法の説明文(特許製法の申請内容があればそれも含め)と分離工程で使用する機種及び分離回数が分かる動画や写真などの開示を求める。

・CBD含有量が商品の表記より少なすぎる場合、景品表示法違反に基づく行政処分の可能性があります。各製造工程の分析表の開示を求め、疑問があれば本委員会にて分析をする。

・商品に含まれるCBD量でてんかん発作が治ったという何らかの証拠の確認
※てんかん発作を抑制できるCBD量は、体重1kg当たり10-20mg(体重40kgの小児だと400mgー800mg)。

・全ての添加物の物質名が表記されているか(食品に添加物を使用した場合や使用する原材料に添加物が含まれている場合は、原則として、全ての添加物の物質名を表示しないといけません)[食品表示法関連]
商品名 キャノヴィウォーター
企業名 株式会社クロスパブリシティ
販売先 株式会社 クロスパブリシティ運営 楽天内 CBDdirect、メルカリ、PayPayモール
分析日 2020年3月25日
分析結果

CBD含有量 0.00018%(分析機関:BelCosta Labs)

状況

消費者からの通報有。CBD/THC濃度分析を行い公開。各分析表等全ての書類や写真などの開示を求め、不明瞭であれば原料製造所への立入調査を求める。

景品表示法に基づく措置命令、食品表示法に基づく指示を出すよう求める。

備考

食品表示法違反の可能性、景品表示法(優良誤認表示)に該当し行政処分の可能性

分析結果等、詳しくはこちら

不正・違法の通報はこちら
page top