本委員会では③の工程に現地施設へ立入し調査を行います。
(新型コロナウィルス感染拡⼤防⽌対策による渡航制限期間中は、現地施設への⽴⼊調査は⾏わずリモートで⑦⑧以外のトレーサビリティの確認を行っています。)

※全工程を見逃すことがないように、CBDアイソレートの精製毎を1バッチとして管理しています。この同じバッチのCBDアイソレートを製品化までに何度も分析します。
 例) 収穫後分析:2020年9月22日、茎分離後分析:2020年11月5日、原油分析:2020年12月12日、充填前分析:2021年3月2日、受取後分析:2021年7月9日
※ 基本的に全てのトレーサビリティを動画で撮影し保管していますが、撮影できていない工程があった場合も本委員が監視し記録しています。
※ 本委員会では、トレーサビリティの動画が改ざんされた場合、直ぐに改ざんされた事が分かる機能を設けています。

違法性が無いかを確認する重要なチェックポイント