日本化粧品協会が提携する、2019年10月6日に昭和大学薬学部にて開催される昭和大学薬学部「CBD(カンナビジオール)の現在と未来 ~最新の研究~」についてお知らせいたします。

昭和大学薬学部CBDセミナーにおきましては、海外からはイスラエル保健省、医療大麻のトップであるMichael Dor医師をお呼びし、フランスからはTHCのみを除去できる画期的な方法について、発表を予定しております。

オランダからは大麻化合物の抽出、精製の先駆者であるVanesa Fernandezを招聘し、日本の規制に準じた原料の開発、さらには製品の開発について講演いただく貴重な機会を得ました。つきましては、多くの方に講演会へのご参加をいただき、情報交換の場として活用していただきたく、ご案内申し上げる次第です。

また、今回のCBDセミナーは、日本臨床カンナビノイド学会の協賛であると同時に、日本カンナビジオール研究会との共催となります。

■セミナー情報

・セミナー名
昭和大学薬学部CBDセミナー
「CBD(カンナビジオール)の現在と未来 ~最新の研究~」

・日時
2019年10月6日
講演会:午前10時~午後4時30分
懇親会:午後5時~午後7時

・開催地
昭和大学 旗の台キャンパス
講演会場:昭和大学 旗の台キャンパス4号館 202教室
懇親会場:昭和大学病院 入院棟17F タワーレストラン昭和
〒142-8555東京都品川区旗の台1-5-8

■お申し込み方法

〇お申込書を下記よりダウンロードいただき電子メールもしくはFAXでお申込みください。

→お申込書はこちら

※ご記入いただきました個人情報は、本セミナーに関する確認・連絡にのみ利用いたします。

申込締切日:2019年9月27日(金)

お申し込み後、速やかに会費をお申込書類に記載の口座にお振込みください。

お問い合わせ先:03-6262-5980(日本カンナビジオール研究会)

■プログラム

10:00 開会挨拶
(昭和大学薬学部 教授 佐藤 均,日本カンナビジオール研究会 伊藤 俊彦)

10:30 特別講演①
1. Cannabisの医療応用について」
2. Cannabisの化粧品応用について」 (イスラエル保健省 Dr. Michael Dor, M.D)

12:00 昼食

13:30 教育講演
「CBDに関する最新の科学」
(昭和大学 薬学部 教授 佐藤 均)

14:30 特別講演②
「ヨーロッパおよびアメリカにおける医療用レベルのCBD開発の現状
(Vanesa Fernandez, Ph.D)

15:30 技術講演
「遠心分離クロマトグラフィーによるTHC分離システム」
(Chan Gomathi, Ph.D.(フランスGilson社))

16:00 パネルディスカッション/質疑応答

16:30 今後の研究会の予定について
日本カンナビジオール研究会 伊藤 俊彦

研究会の発表内容、進行は変更する場合がございます。
個別相談のご要望のある方は研究会にお問い合わせください。

■特別講演者 Michael Dor博士のプロフィール

Michael Dor医師(M.D、M.P.A)は、テルアビブメディカルスクールおよびケネディスクールオブガバメント-ハーバード大学を卒業し、イスラエル保健省の有力者の1人です。博士は、保健省の病院および地域局長、イスラエル医療サービス局の副局長など、いくつかの重要な役職を務めました。

引退後、博士はイスラエル保健省の医療大麻ユニットの上級医療顧問に指名されました。過去5年間、医療活動、開発、研究、立法の中心人物であり、患者への大麻使用許可を行う責任者でした。

博士は、医療大麻関連の問題に関する世界中の学会で講演を行い、多くの大学でこのテーマについて教えています。また、多くの国の保健省大臣や政府の最高幹部をはじめとする議員から招聘され、医療大麻の認可に関する指導を行ってきました。

このように、Michael Dor博士は、医療大麻の世界的な普及への貢献が顕著であり、その臨床研究の世界的権威者と目されております。

このたびの学会でMichael Dor博士に特別講演を行っていただけ、種々のご指導を受けられることは、CBD産業技術の適正な育成を図る意味で、我が国にとって大きなことと考えます。