消費者が想像している無添加化粧品とは、皮膚に有害な物質が入っていない化粧品の事をイメージしてませんか?

だとすれば市場で販売されている商品には皆無です。

 

化粧品メーカーが「無添加化粧品」と定義しているのには大きく2種類あるようで

①表示指定成分(旧厚生省が定めた有害化学物質で皮膚障害を起こす可能性がある成分の中で症例報告されたものを中心に2001年3月までに表示が義務付けられた102種類の成分のこと)

が入っていない化粧品。

留意点:102種類の有害化学物質を入れていないということであり、数千種ある他の有害化学物質も入れていないということではありません。

 

②表示指定成分のうちの特定の成分を、1種類または数種類配合していない化粧品を「無添加化粧品」と定義している化粧品。

 

留意点:無添加の対象になりやすい主な成分「防腐剤」「合成界面活性剤」「着色料」「合成香料」などの有害化学物質を入れていないということであり、数千種ある他の有害化学物質も入れていないということではありません。

「無添加化粧品」についてはご理解いただけたでしょうか?

 

乾燥を防ぎたいために化粧品を購入したのにその化粧品で乾燥しやすくしてしまう・・・

美白が目的なのにシミの原因となる成分が入っている・・

何も知らずにそういった化粧品を一生使用したときのデメリットは計り知れません。自身の肌を守るために最低限必要な知識を持って化粧品をご購入されますように。。