沿革

2012年10月
  • 一般社団法人日本化粧品協会設立
2012年12月
  • 一般消費者からの化粧品に関するクレーム相談窓口開設
2013年 1月
  • 企業からのビジネス相談、専門的なアドバイス、消費者からのトラブル、被害についての各種ご相談窓口開設
2013年 4月
  • デベロップメント賞を開始
  • 講師委員会・学術研究会が発足
2013年10月
  • 日本化粧品協会認定 化粧品プランナー(企画・開発)取得コース、化粧品マーケティングプランナー(流通・販売・経営)取得コースを本協会運営ジャパンコスメティックアカデミー渋谷校にて開校。
2013年11月
  • 本協会理事が第1回日本化粧品検定試験を開催。本協会運営ジャパンコスメティックアカデミーの授業では化粧品の基礎知識として「日本化粧品検定試験1級・2級」の一部を採用。「日本化粧品検定試験1級・2級」の対策講座を本校で初めて開催。
2014年 4月
  • 日本化粧品検定協会認定資格「コスメコンシェルジュ」を育てる講師を育成する過程教育として 「コスメコンシェルジュインストラクター」養成講座を本協会運営ジャパンコスメティックアカデミーにて初めて開校。
2016年12月
  • 本協会運営ジャパンコスメティックアカデミーがオンラインスクールを開校。本協会認定資格取得コース以外のコースを廃止。
2017年 6月
  • SNS 上で情報配信を開始 Twitter Facebook INSTAGRAM YOUTUBE
2017年10月
  • 消費者リスク調査委員会 発足
page top